ブルーハーツが聴こえる


さらゆるです。

先週末は地元で「ブルーハーツが聴こえる」を楽しんできましたよ♪

6作品ともぐいぐいくる感じが非常によいな、と思いました。


「ハンマー」

すごくパワフル。

スリリングな会話劇が音楽のように心地よいです。

今の世界情勢とこの曲の歌詞、なんだかリンクしているようで不思議。



「人にやさしく」

これはもうアクションを楽しむもよし、深みにハマるのもよし、といった感じでしょうか。

一人一人の背負っているものを、あれこれ考えているうちにクラクラしてきました…

わ、もげた!とびっくりしたのはここだけの話(ネタバレになるので書けない)。



「ラブレター」

これも不思議なお話ではあるのですが、すーっと引き込まれていくんです。目の前で「!!!!!!」なことがいっぱい起こるんですけど、本当にすーっと物語に引き込まれました。

なんと最後まで工さんだと気がつかずに観ていた方がいらして、エンドロールを見て「斎藤工だったの?!」とびっくりしていらっしゃいましたよ^^

ファンとしては「やったね❤️」と誇らしい限り。

あったかい映画です。



「少年の詩」

どの人物の視点で観るか。それによって、いろいろなことを考えてしまう作品。

空が素敵だったな。

作品中で流れた車のCM、懐かしかったです笑



「ジョウネツノバラ」

実は、6本の中でも特に好きだったのがこの作品。

音と情景と見えないさまざまなことと。

こんな風に愛してみたい、愛されてみたい。



「1001のバイオリン」

悲しみと怒りだけでなく、何かモヤモヤした感情が深く静かに伝わってきました。

これも凄いです。今すぐいろんな人に強引にでも観せたい、なんてことを思いますね…



もっとじっくり観たいな…

今日もいい日でありますように。



*映画に関わる

今までクラウドファンディングに参加したくても、支払い方法の条件が合わないことがありました。今回は支払い方法の選択肢が多かったため、支援させていただくことができ、また上映の実現へとつながりホッとしています。

自分が作品に出演する、と言うことにそれほど興味を持っていない者にとって、映画に関わる機会といえば「劇場で観る」ことぐらい。こんな風に映画と関わる日が来るとは、思いもしなかったのです。

支援者のリストを見ながら、こみ上げて来るものがありました。

本当に上映おめでとうございます。



工さん情報・WEB記事をまとめた私設カレンダーです

情報詳細は各公式サイトにてご確認下さいませ


赤→締切

緑→登壇イベント、出品

青→FC限定