「クロヒョウ 龍が如く新章」8章から9章

悲劇の章、と言ってもいいだろう。

まさに悪夢のような状況に飲み込まれ、自分を見失う右京龍也。顔面を血潮に染め、ピストルを手に狙いを定めた人物は…


同じ状況に陥ったらおそらく誰でも、右京龍也と同様に自分を責め我を失ってしまうだろう。そうなった時に、自分の心に巣食う凶暴さと折り合いをつけることが、果たしてできるのだろうか。

残すところ、あと2話のみ。



*タクカレ・アーカイブス