落とされた言葉の衝撃~映画「ヘルタースケルター」

映画自体が、あまりにも強いインパクトで迫ってきたのでうっかりしていたのだが、この作品には斎藤工さんの他にも大好きな役者さんが出演している。大森南朋さんである。

ファン歴は南朋さんが保険会社のCMに出演していた頃からなので、ざっと7~8年といったところ。


ふと思ったのだが、「和製ニコラス・ケイジ」…そんなイメージが、あったりして♡


…誰も賛同してくれそうにないので、これ以上触れないことにして映画の話に戻ることにする。

実は、彼の演じる役の台詞がなんというか、全編を通して大変に…そのユニークで(ネタバレになるのでこれ以上書けません)。クラクラしました^_^;

大森南朋さんだからこそ、あのキャラクターが嫌みのないスタイリッシュな人物像として伝わってきたのだと思う。

もう一度観たい気もするが確実に目を回しそうなので、DVDになるかオンエアされるまで待つつもりだ。