T's WORKS

先行抽選に当選したのが信じられないまま、プライベートではバタバタと本の出版準備が始まり、夏から年末までは、今思えばあっという間だったような気がします。


千秋楽の本多劇場で、「365000の空に浮かぶ月」のサントラを購入しました。

思いがけず濱田貴司さんから直接、という嬉しいひとときでした。ありがとうございます。


旅から戻って、サントラを繰り返し聴いています。

CDプレーヤーをオンにすると、あの日の舞台のこと、雨や風が強かったこと、ロビーの熱気などがいっしょくたになって思い出されます。

遥か遠くまで広がっていく濱田さんの音楽は、旅のお土産の中でも一際輝いています。


今日もいい1日でありますように。